ラクシー ボーカル スクール

0120-587-539

  • 無料体験レッスン

スタッフBLOG.

本当の音痴は滅多に存在しない

「自分は音痴だから歌が上手くならない」

そんな風に思い込んではいませんか?

ハッキリ申し上げましょう!

普通に誰かと会話が出来る人は、音痴ではありません!

声をコントロールするための筋力が弱く、音を認識する感覚が磨かれていない、

それだけです!

歌が上手に歌えない要因は、鍛えれば向上出来ることばかりです。

「自分は運動神経が悪いから自転車に乗れない」

「自分は運動神経が悪いから車の運転が出来ない」

そう言われたら、きっと皆さんは

「そんなことない!練習すれば乗れるようになるよ!」と言いたくなりませんか?

歌も同じです。正しく練習出来れば、必ず向上します!

自信を持ってトレーニングに臨みましょう!

 

Lisa

2015.06.27

テンポを変えて歌ってみよう

特に英語などの歌詞などはテンポをゆっくりにして一つ一つ丁寧に歌ってみてください。

早く歌っていると言葉がおごそかになってしまい、聴いてる側が聴き取りにくく言葉が伝わらなくなります。

また、ゆっくり歌うと発声もし易く、正確に音程が取れるようになります。

カラオケにもテンポがかえられる機能も付いていますからやってみてくださいね!

noriko

 

2015.06.26

何か一つに注視する

鬼の月間で目標を立て、それを逆算して活動しています、NANAです!

 

私もそうなのですが、効率よくいこうとあれもこれも選んでやって

全てがなあなあのまま出来た気になっている事がよくあります。

ボイトレでも土台が無いまま小手先を磨くのは、

変な癖がついたり時間だけを闇雲に浪費したりと

逆にマイナスになる事も起きうると感じます。

 

一つ一つ正しい手順で登りつめた足元は自身の財産です。

必ず自分の自信に繋がります。

 

早く上手くなりたいと気だけ焦らず、

まずは一歩・その一歩が正しいのか否かきちんとジャッジする・

正しければ反復してみる、それを繰り返すことが次のステージへの一番の近道です。

例えば腹式呼吸に注視してみる、ロングトーンで・拍を刻んで・歌に合わせて。

 

高みを目指して、時にはお休みをとりつつ、登って行きましょう!

 

NANA♡

2015.06.24

良く響く大きな声より、小さな声の方が息をたくさん使ってしまうという衝撃の事実

なんということでしょう!小さい声の方が息がいっぱい出ていってしまっているなんて!

そうなんです、実は、大きな声を出すのに大量の息は必要ありません。

大きい声=しっかり響かせた声、ということ。

必要なのは「たくさんの息」ではなく「圧力をかけた細く速い息」ということです。

「量」ではなく「圧力」が大切です。

音を作る声帯の息の通り道は本当に狭いです。

そこをたくさんの息が通ろうとすると、声帯が耐え切れなくて声が割れたり、

声帯がしっかり閉じなくて息ばかり漏れて声が作られません。

「大きな声が出ないし、息がすぐなくなってしまう」という方は、

声帯がしっかり閉じていないのかもしれません。

だけど声帯を閉めようとすると、みんな喉を締めてしまいます。

力を入れるのはそこではありません!喉を傷めないように、無理に力まないでくださいね!

 

Lisa

2015.06.22

ある生徒さんが

力を入れないと声が出ないんですけど言っていました。

力を入れるのは良くないですね。

力を入れない時より大きな声が出たとしても、

声帯に負担がかかるので喉が痛くなったりしてストレスを感じるようになります。

力ではなく声帯を正しく使った発声をしましょう。

声の高さは声帯のコントロールによって、声量は共鳴によって変化します。無駄な

力を入れて押したり締めつけたりしてはよくありません。

正しい発声の指導を受けて上達してくださいね。

悩みはどんどん講師に話して解決しましょうね!

noriko

 

 

2015.06.19

心と声

「声」というものは、一番メンタルが反映される音だと思います。

悲しい気持ちの時には悲しそうな声が出るし、

楽しい気持ちの時には楽しげな声が出るものです。

そして、同じくらい表情も影響します。

満面の笑顔で切ない声は出ないし、怒った顔で優しい声は出ません。

 

「歌うのが苦手」という生徒さんの多くは、

「間違えたらどうしよう」「声が裏返ったらどうしよう」「下手だと思われるかもしれない」「自信がない」

そういった無意識の苦手意識、恐怖心、不安感から、声が委縮してしまいます。

ラクシーの生徒さんたちも、最初は「上手く歌わなくちゃ」という意識で声を縛っている方が多いです。

だけど・・・そんな心配いらないですよ!

通い始めた生徒さんは、だんだん声を出す事に慣れていき、声を出す不安感は薄れていき、

自分を解放して気持ちよく伸び伸びと声が出せるようになっていきます♪

 

「今までこんな声出したことない!すごい!」と驚く顔や、

自信をつけてとても良い笑顔で帰っていく、

そんな生徒さんたちの姿を見るのが、私たち講師の喜びです!

 

Lisa

2015.06.15

どんな体勢でも。

みなさんこんにちは!

とうとう梅雨入りしたとのことですが、
いかがお過ごしでしょうか???

湿気は喉には優しいですが、気分的にはよろしくないですよね。

そんな時は。。。歌っちゃいましょう。

喉に優しいこの季節に、ぜひ♪♪♪

さて、タイトルの「どんな体勢でも」ですが、

みなさん歌う時はどんな姿勢ですか?

「正しい姿勢を×2」と心がけるのは大切ですが、
その為体がリラックスしていないという場面によく出会います。

普段何気ない時に口をついて出る鼻歌のように、体がリラックスしている状態はとても大切です。

前を向いて歌っている歌を、上を向いて優しく歌ってみましょう。

音程が取りにくい、または外れた(低くなった)箇所は、
前を向いて歌っている時に、喉を締め付けてうたっている箇所です。

身体や喉がリラックスしている状態で歌えるように、
日頃から歩きながら、寝転びながら、ソファでだらけながら。。。

歌ってみてください♪

2015.06.11

発表会・親睦会ありがとうございました!

沢山の生徒さん方にご参加頂き、素敵な時間を過ごせました!

やはり多くの人前でステージに立ち歌うという事は、大きな刺激になったようで

他の生徒さんや講師の歌声を聴いた事で、新たな課題や自分の持ち味を再確認出来た

というお声を頂きました!

皆様緊張したという割には凄く堂々と歌ってたなあ。

次回は更にパワーアップした方や、新しい息吹を持ってきてくれる方がいるんだろうなあ

楽しみです!

次も三次会までいっちゃっうくらい盛り上げよう!笑

 

NANA♡

 

2015.06.09

腹筋を鍛えると歌が上手くなる?

「腹筋をもっと鍛えた方がいいですか?」と時々訊かれます。

答えは「YES」とも言えるし「NO」とも言えます。

体を鍛えるのはいいことです。

が、歌を歌うために重要なのは腹筋や背筋などの表面の筋肉よりもインナーマッスル。

そして全身の柔軟でバランスの良い筋肉です。

 

筋トレで腹筋ばかりをガチガチに鍛えたところで、歌の上達どころか、

筋肉の自由なコントロールの妨げになってしまうかもしれません。

もちろん、腹筋や背筋などの表面の筋肉は、

体をしっかり支え姿勢を保ち声を出す助けとなる大切な筋肉ですが、

過剰な筋力が必要なわけではありません。

 

筋トレだけで硬く強靭な筋肉を鍛えるよりは、

ストレッチや有酸素運動もしっかり取り入れて(ヨガやピラティスなんていいかも!)、

バランス良く全身の筋肉を柔軟に鍛え、

ボイストレーニングやブレストレーニングで歌うための筋肉を鍛えていきましょう!

 

Lisa

2015.06.08

歌手の歌い方を真似をするメリット

カラオケでちょっと本人っぽく歌えると気持ちがいいですよね!

「ものまね」というのも時には大切な練習です。

声の感じをなんとなく真似るだけでなく、

どのくらいの声の強さで歌っているのか、どこまで声を伸ばしているのか、

どんな風にしゃくり上げているのか、どんな風に声を切っているのか、

どこからビブラートをかけているのか、どこで息継ぎをしているのか、

細部までよく聴きこんで、細かな所まで真似してみましょう!

細かく真似して再現出来るように練習すると、様々なテクニックが自然と身につきます。

色々な歌手の歌い方を再現出来るようになると、テクニックの引き出しがグっと増えますよ♪

 

Lisa

2015.06.06