ラクシー ボーカル スクール

0120-587-539

  • 無料体験レッスン

スタッフBLOG.

お花見

お花見シーズン到来ですね!!

あちらこちらで楽しそうにお花見を満喫する姿が見られますが、
私は花粉症なので、毎日の移動の時に目に入る桜でお花見気分を味わうのが精いっぱいです。(笑)

歓送迎会やお花見など、カラオケに行く機会も増える春。

思い切ってボーカルトレーニングをしてみませんか???

ラクシーボーカルスクールでは随時無料体験レッスンを行っています。

お気軽にお問い合わせください!!

TEL 0120587539 (受付22:00まで)
電話:0120-587-539
メール:info@luxymusic.com

2018.03.29

喉のリペア

風邪、乾燥や花粉の影響、睡眠不足、声の使い過ぎ、

色んな要因で「声が出ない!声がかすれる!」という時がありますよね。

そんな時は声を出さずに休む、寝る、水分補給をする、などが一番の対処法ですが

「もうすぐライブ本番」とか「明日はカラオケ大会」とか

どうしても避けられない予定がある場合もありますよね。

プロは風邪や喉の疲労で本番を休むことは出来ません。

そんな時は、じっくり時間をかけて「喉のリペア」を行うしかありません。

調整が出来ないほど酷い状態の場合は対処が難しいこともありますが・・・

とにかく無理をして大きな声を出すことは禁物です!

喉が更なるダメージを受けて回復に時間がかかったり、場合によっては声帯結節やポリープが出来てしまうかもしれません。

まずは少しずつ声帯を合わせるエクササイズをしていきましょう。

「喉のリペア」が必要な時はレッスンでご相談ください!

 

Lisa

2018.03.25

ポジティブ

こんにちは、ボーカル講師のChikaです!!!

「あれ?花粉症??」

もはや日本の春の挨拶になってきてるような気がします。
そのくらい、ほとんどの生徒さんが花粉症持ちなのですが。。。

「鼻が詰まっているので歌えません」

実はそんなことはないのです。

鼻がつまって歌えない人は、常日頃の発声を鼻に頼り切っている可能性が高いです。

勿論、鼻は響きを作ってくれる大切な場所ですが、鼻に頼り切りもだめですよ♪

響きは体中に作ってゆくもの。

鼻がつまっているピンチを「響きを変える」チャンスと捉えましょう。

ポジティブに!!

ぜひレッスンお待ちしております。

Chika

2018.03.24

ビブラートがかからない

ビブラートがかけられたら、一気に歌がプロっぽくなるし、綺麗なビブラート憧れますよね。

レッスンではビブラートの練習をすることがありますが、
いくら練習してもなかなかうまく声が揺れてくれない場合があります。

まずビブラートを上手にかけるには「裏声の筋肉の操作」が重要になります。

ビブラートをかけたい人は、まず裏声をとことん鍛えてください。
高い声も低い声も、バッチリ裏声で鳴らせるようになりましょう。

そして「喉頭(喉仏)の上げ下げ」も練習しましょう。

ビブラートの練習の時にはそれっぽく出来るのに、歌うとかけられない
という場合は、声帯周りの筋肉がガチガチに力んでしまって声帯をコントロール出来なくなっています。

「無駄な力のかからない発声」で練習しましょう。

そして一番大事なこと!

「いきなり早く揺らそうとしないこと」です!

具体的な練習はレッスンでお教えします♬

 

Lisa

2018.03.22

ボーカル・ギター・ピアノ・ドラムレッスン

こんにちは。
ボーカル講師のChikaです!!

ラクシーボーカルスクールのおすすめポイント。

それは、

ボーカルレッスンだけではなく、自由にギターやドラム、ピアノのレッスンも受けられるという点です。

他の教室ではそうはいきませんが、ラクシーでは月2~4回のレッスンのうち、
ボーカルだけでなく数回をギターレッスンにしたり、ドラムレッスンにすることが可能です。

ボーカルレッスンで「リズムが苦手」な生徒さんがいたら、ドラムをやってみることを提案したりもしています。

どの楽器でも、しっかりそれぞれのプロが指導してくれますよ!!

ラクシーだからこそできる事・・・他にもまだまだたくさんありますので、
みなさん、どんどんレッスンを楽しんでください!!

詳細は、各担当講師へお問い合わせください。

Chika

2018.03.17

花粉症・鼻炎で歌いづらい

今年も物凄い量の花粉がとんでいるようですね・・・

私は今のところまだ花粉症にならずに踏みとどまっていますが、
花粉症は誰がいつ発症してもおかしくないですから、油断せずに予防します!

さて、そんな花粉症や鼻炎で「鼻がつまって歌いづらい」という方も多いと思います。
鼻がつまっていると

・呼吸がしづらい
・発音がしづらい
・音程が取りづらい

などなど、様々な影響がありますね。

鼻で呼吸が出来ないので普段から呼吸が浅くなりがちだし、
「な行」「ま行」「ん」は鼻に息を送り込まないと発音できないのでうまく発音できないし、
鼻や鼻腔の炎症が耳管にも影響して耳が聴こえづらくなったりします。

歌いづらくて練習するモチベーションが下がったり、無理に声を出そうとして喉に負担をかけてしまうのは避けたいですね。

こんな時期だからこそ
鼻がつまっていてもスムーズに声を出せるような発声の調整を行っていきたいと思います!
花粉症でお困りの方は是非レッスンの時にご相談ください♬

 

Lisa

2018.03.11

月曜と金曜ピアノとボーカルの講師norikoです。

好きな食べ物はなんですか?

私の好きな食べ物は納豆、餃子、スイカです。

納豆の他にも発酵食品が大好きです。

キムチ、チーズ、ヨーグルト。

毎日食べています。

私の好きな食べ物が身体に良いらしいのです!!

加えてお味噌汁が大好きでこの味噌も発酵食品ですね!

これらは腸内の菌の状態を良くして花粉症や風邪の予防になるのですね。

私は花粉症にはなっていませんし、風邪にもあまりかからないようです。

積極的に食べるようにして毎日を快適に過ごしましょうね。

後、ストレスもためないように。

カラオケで大きな声で歌ってストレス発散しましょう!!!

上手に歌ったらもっと気分が良いです。

上手に歌うならラクシーボーカルスクールです。

体験レッスンお問い合わせお待ちしております。

noriko

 

2018.03.09

筋肉の連動性

全身の筋肉(筋膜)というのはつながっていて、

お互いに影響し合っています。

声を出すのも筋肉運動ですが、全身の筋肉の連動性が重要になってきます。

私のレッスンでは、声を出すために必要な様々な筋肉を隅々まで使っていきますが

それぞれの筋肉の筋力がただ強いだけでは使い物になりません。

多くの筋肉が歯車のようにうまくかみ合って働くことで

初めて上手にコントロール出来るようになります。

全然関係ないように思える筋肉が働くことで、発声の助けになったりします。

自分の身体・声の変化をじっくりゆっくり感じ取りながら歌ってみましょうね。

 

Lisa

2018.03.03

月曜と金曜ピアノとボーカルの講師norikoです。

早いものでもう三月です。

オリンピックも終わり日本中がエキサイトしていたのが平常に戻りましたね。

私的には今オリンピックが終わった次に心が騒いでいる事は台湾です。

以前に台湾に行ったときの記憶が友達の送ってくれた写真で呼び起こされてしまいました。

台湾で聴いた音楽や風景、文化。

故宮博物院や千と千尋の神隠しの湯婆婆の屋敷のモデルになった建物。

パワースポットの龍山寺。

火鍋、点心。

中でもやはり音楽です。

中国の楽器、二胡(にこ)や秦琴(しんきん)などの音色が入った曲。

もう一度行きたいなぁ。

歌も懐かしいデス。

中国語の歌は歌ったことが無いので挑戦してみようかな。

外国に行った時に聴いた歌を自分でも歌ってみたいなと思ったら

ラクシーボーカルスクールです。

インターネットで情報を集め練習することが出来るかもしれませんね!!!

体験レッスンお問い合わせお待ちしております。

noriko

2018.03.02