ラクシー ボーカル スクール

0120-587-539

  • 無料体験レッスン

スタッフBLOG.

身体いっぱい使って歌いましょう。

こんにちは、ボーカル講師のChikaです。

みなさんは声をどこから出しているように感じますか??

喉?
口?
みぞおち?
おなか?

人ぞれぞれ様々な感覚があるとは思いますが、瞬きをするだけでも声帯は動くといいます。

今、使っていると思っている場所以外に神経を向けてみてください。

膝、太もも、舌、腰など。。。

歌は体全体を使って歌っていきたい。

動かなかったところを動かして素敵な歌声になっちゃいましょう!!!

2018.06.30

軟口蓋が上がらない

軟口蓋とは、上あごの奥の方の柔らかいところです。

のどちんこ(口蓋垂)が付いているところですね。

軟口蓋は、口腔(口の中)と鼻腔(鼻の中)をつなぐ道を開いたり閉じたりする役割をしています。

食べ物や飲み物を飲み込むときに軟口蓋が上がって鼻への道を塞いで鼻の方へ流れてしまうことを防いだり、

言葉を発音するときに、子音によって軟口蓋が上がったり下がったりしているのですが、

普段は無意識に動かしている場所なので、意識的に操作しようとするとうまく動かない人が多いです。

 

レッスンで「軟口蓋を上げて」と指導することがあるのですが、

なかなかうまくいかない場合、まずは鏡を見ながらあくびのマネをしてみましょう。

それでもうまくいかない時は、うがいをしてみましょう。

出来れば実際に口に水を含んでガラガラと声を出しながらうがいをしてみましょう。

軟口蓋が下がっていると鼻に水が入ってしまってうがいが出来ませんが、

うがいが出来ていればそれが軟口蓋が上がっている状態です!

うまく軟口蓋が上がらない方は是非試してみましょう♬

 

Lisa

2018.06.28

月曜と金曜ピアノとボーカルの講師norikoです。

毎日ワールドカップの話で盛り上がってますねぇ。

私もにわかサッカーファンで連日観たり結果をチェックしたりしています。

テレビでもこぞっていろいろなアーティストを競うように毎日流していますね!

Suchmos,RADWIMPS,NEWS,EXILEなど。

どれも力の入るテンションの上がる曲ばかりです。

皆さんも歌って応援しましょう!!!

上手になるにはラクシーボーカルスクールです。

体験レッスンお問い合わせお待ちしております。

noriko

 

 

2018.06.25

喉を締めるのではなく声帯を閉じる

声量がない、息が続かない、スカスカの裏声しか出せない、

そんな方は声帯がうまく閉じていなくて息が余計に漏れ出てしまっているのかもしれません。

でもレッスンでは「喉を開いて~」と言われたりするわけで

「喉を開くのに声帯は閉じるの?」と不思議に思いますよね。

喉が締まっていると指摘される場合、首やアゴという「外側の筋肉」に力が入っていることが多いです。

それで「喉を開いて」「脱力して」と言われて今度は声帯まで開いちゃってうまく声が鳴らなくなってしまったりするわけです。

 

ちょうどよく声帯が閉じている時というのは、軽く息を止めている感じです。

強く息を止めると喉も締まってしまいます。

軽く息を止めたり、息を吐いたりを繰り返して、「声帯が閉じている感覚」を覚えましょう。

そして、声帯を閉じる力を鍛えたければ、普段から「ハッハッハ」と豪快に笑いましょう。

 

Lisa

2018.06.23

月曜と金曜ピアノとボーカルの講師norikoです。

中学生や高校生の皆さん、音楽の授業でお困りなことありませんか?

中学校では音楽理論や聴音というピアノでメロディーを先生が弾いてそれを聴き取り五線に書き入れるという難しいこともやっているので大変なようです。学校によってはピアノ演奏などの授業があり実技試験がある学校があるそうです。

英語や数学、国語の家庭教師や塾はありますが音楽はありません。

ピアノなどの楽器を習っている方はそこである程度習えますがそれでも授業に沿って補足や予習などまではやれません。

ご安心下さい!

私は中学校と高校の音楽の教師の免許を持っていますので

難しいことも簡単に楽しく学べます。

現在私の生徒さんでそれで通っていらっしゃる方がいます。

そして合い間に楽しくボーカルもレッスンしてますから一石二鳥ですね。

一度ご相談にいらしてくださいね。

ピアノの体験も勿論やってますよ。

お問い合わせお待ちしております。

noriko

 

 

2018.06.18

声のバリエーション

こんにちは、ボーカル講師のChikaです!!

お久しぶりの投稿となりましたが、日々生徒さんとレッスンに励んでいます!!!

みなさんは、ご自分の声のバリエーションを知っていますか?? 持っていますか???

「自分の声はひとつでしょ!!」と、思われるかも知れませんね。

いろんな動物の真似や、乗り物の音、真似て見た事は無いでしょうか。。。

ものまねタレントの方はどうして色んな人の声が出せるのか???

口腔内、空気の量、響かせるポイント、色んな所を駆使して様々な声を出しています。

その為にはそのすべてを動かしたい方向へ動かせるようにならなければなりません。

レッスンでは、様々な口腔内の形や、呼気の使い方をトレーニングして頂いています。

もっともっと自分の身体を使って歌ってみませんか??

レッスンお待ちしております。

Chika

2018.06.16

伸び悩む時期

何事も、鍛錬を続けていると必ず「スランプ」「伸び悩む時期」がやってきます。

私も定期的にそういう時期が来るし、

2年くらいどう歌ったらいいのかわからなくなる時期もありました。

皆さんも、「なかなか出来るようにならない」「成長していない気がする」

と思うことがあるかもしれません。

もちろん、練習してなかったら当然のことですが、頑張って練習してるのにうまくいかないことがあります。

そんな「伸び悩み時期」は

 

 経験値UPキャンペーンイベント

 

だと思ってください。

私の経験上、頑張っているほど「伸び悩み時期」はやってきます。

練習の方向性が間違っていたり、身体の不調によるものだったり、原因は色々ありますが、

この「伸び悩み時期」を耐えて踏ん張って鍛錬を続けていると、いつかスランプを抜けるきっかけが訪れます。

スランプを抜けると急に物凄い勢いで成長します。本当に!!

だから、皆さんも「なかなかうまくいかないな~」という時に諦めないでください!

もったいないから!!

 

Lisa

2018.06.16

この時期に喉の調子が悪くなる人

春の終わりから夏の始まりにかけて

暑い日が続いたと思ったら急に寒くなったり、昼間暑いのに日が沈むと気温が下がったり

気温差で体調を崩す人が増えています。

「風邪をひいたわけではないけど最近声がかすれる、出しづらい」

という方もいますが、大体の原因が

 

  冷房!!

 

様々な施設や、職場、電車がガンガンに冷房を効かせはじめています。

「最近声が出ない」という方に「寝る時エアコンつけてない?」と聞くと

・・・つけてるんですね~(;´Д`)

 

冬のエアコンの暖房と同じく、エアコンの冷房は乾燥をまねきます。

冷房による乾燥と喉の冷えで声帯のコンディションが悪くなってしまうんです。

冷えの影響を受けないように、外出時には羽織れる上着を用意しましょう。

 

「暑がりだから寝る時は冷房をつけたい」という方には

マウステープをオススメします。

睡眠時に口が開かないように唇をとめておくテープです。

以前はマスクをすすめていましたが、朝にはマスクが外れていることも多く・・・

専用のマウステープも売っていますが、肌が弱くない方ならばサージカルテープでも代用できますよ~

そして首にタオルや薄手のストールを巻いて寝れば冷え対策も出来ます。

 

1年中何かしら喉のコンディションを崩す要因が潜んでいます。

いつでも気持ちよく声が出せるように、喉を守っていきましょう!

 

Lisa

2018.06.11

月曜と金曜ピアノとボーカルの講師norikoです。

今日は「拍子」「ひょうし」のお話をします。

四分の二拍子、四分の三拍子、四分の四拍子、八分の六拍子など。

学校の音楽の授業などで耳にしたことがありますよね。

分母である四分音符または八分音符が一小節内に分子の数分入るという事です。

例を言えば四分の四拍子は四分音符が一小節内に四拍入るということですね。

その中でも四分の三拍子、三拍子は日本人はあまり得意では無いんです。

それは長い民族の音楽の歴史の中に三拍子が見当たらない日本と違って欧米では三拍子が存在していたというところからだと言われています。

J POPには三拍子があまり多くないですね!

演歌ではJ POPよりあるようです。

苦手があっても大丈夫です。

難しい音楽理論も簡単に楽しく学べますよ。

知ってるとカッコイイ知識も楽しく勉強しちゃいましょう。

体験レッスンお問い合わせお待ちしております。

noriko

 

 

2018.06.08