ラクシー ボーカル スクール

0120-587-539

  • 無料体験レッスン

スタッフBLOG.

歌っている姿を動画撮影してみましょう!

こんにちは!
日曜日月曜日担当のYukariです。

温度設定低めの低めの暖房にするか
高めの冷房にするか迷う季節。
いかがお過ごしでしょうか?

高い声は、あ~~↑
低い声は、あ~~↓

音の高さをそのまま
物の高さのようにイメージしてしまいがち。

よしサビから高い声だから!
と気合いを入れると
思わず上を見てしまい顎が上がり

おっと、2番の最初はまた低くなるのか!
と無意識に頷いて低い声が出ない

こんなふうになっていませんか?

自分の歌っている姿を
横から動画撮影してみましょう。

えっ!こんなに頷いていたの?
こんなに首をニョキニョキ
前後させていたの?

色々気づくことがあるかもしれません。

首の使い方どうかな?
思うように歌えない時は
首をゆっくり回して腕を大きく回して
体をほぐしましょう!

そうリラックス、リラックス、、、

さぁ今日も楽しく歌っていきましょう!

Yukari

2022.10.30

ボーカリストの体づくり

こんにちは!
土曜のMaimiです。

朝晩の気温差の影響で喉の乾燥が気になる季節になりましたね。

今年は筋トレに力を入れている私事ですが、

 

体力づくりと、健康、美容のために
タンパク質とイソフラボン豊富な
豆乳にはまっています。

 

男性に変声期があるように
女性も周期的な喉の不調があります。

 

そんな心身の変化にも負けないよう

 

豆乳クラムチャウダーをつくったりしてほっこり
お腹も心も満たされてます♪

 

そう、プロは体調管理もプロ!

 

ゆかり先生はたくさん走り

ノリコ先生は

毎日お野菜をとっています。

 

 

カナコ先生は、

好きなものをしっかり食べてレッスンでたくさん声を出しているご様子。

 

 

この時期先生はどんな体調管理をしていますか?

 

と聞かれることが多いので

先生おひとりおひとり違った体調管理方法があるようです。

 

 

私がお伝えしていることは、

ホームページのプロフィールにも書かせて頂きました、

 

心は声に反映される。

なので、常日頃から

ストレスをためない
自分の心を喜ばせる

 

それこそが人を感動させる歌に繋がると
お伝えしています。

 

ちなみに
私のストレス発散方法は生徒さんの笑顔に触れることです。
(もう根がエンターテイメントなのかも^^; )

 

11月もたくさんの生徒さんの笑顔や喜びに触れられますように、、、☆

 

 

Maimi

2022.10.29

歌って踊って温まろう!

こんにちは!
木曜日のMaimiです。

 

最近急に冬のような寒さになりましたね。

 

寒いと体が硬くなるので
私は踊りながら歌っています(笑)

 

70年代後半~90年代初期
にかけて、マドンナやジャネットジャクソン、マイケルジャクソンなど

 

ダンスミュージックが流行りましたね。

 

と言っても私は後期しか生まれていないのですが、
この時期に世に有名になった楽曲は大いにその後の
日本の音楽シーンにも影響を与えました。

 

それが、ジュリアナ東京や、ディスコ、クラブハウス文化。

 

そして上記の文化は、

2000年初期にはアイドルの楽曲にもそのテイストが取り入れられました。
それが、今や五大プロデューサーつんくさんが手がけた、
大ヒット曲
モーニング娘。のLoveマシーン

 

キャッチー且つ
面白い歌詞で
サウンドもどこか未来的

 

私は生まれてこの型一度もクラブにいったことが無いのですが、
歌いながら踊ることが好きです。

 

『歌いながら踊るなんて私には無理!』

 

 

と思った方でもカラオケでみんなで楽しく
歌える方法。

 

 

それは、ノリノリで歌うこと。

もっとちゃんと言うと

 
グルーブに乗って歌うこと。

グルーブに乗って歌うことで自分自身も聴いてる側も楽しくなります

 

年末に向けて忘年会が待っていますよ♪
お歌の上達はラクシーにご相談くださいね~

 

Maimi

2022.10.27

月曜水曜金曜ピアノとボーカル、小さいお子様のリトミックの講師norikoです。

先日、ディズニーランドに行って来ました。

なんと、

15年ぶり。

デジタル化がすごい。

チケットは勿論電子。

スマホのネットから入ってモバイルチケット。

それからお決まりの地図は無し。

スマホでアプリをダウンロード。

そこには地図と自分の居場所がわかるアノ青いマーク。

待ち時間まで表示してあるので効率良く行動できます。

ファストパスは無くなり、1部有料でお金を出せば入場できるというシステムも。

スターツアーズ

ビッグサンダーマウンテン

ベイマックス                                   カントリーベアジャンボリー

プーさんのハニーハント

バズライトイヤー                                 スペースマウンテン                               ジャングルクルーズ

音楽も変わらず。

パレードはハロウィンにちなんだ

仮装したコスチュームのキャラクターたちが登場。

ディズニーの曲は勿論日本語で流れています。

スクールでは英語でやっている方も多いです。

YouTubeで聴いて英語の譜割りを確認して丁寧にご指導しますので。

体験レッスンからまずは。

noriko

 

 

2022.10.24

80歳の素敵な音楽家

こんにちは!
日曜日月曜日担当のYukariです。

昨晩、BSでオンエアされていた
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の
コンサートを観ました。

指揮者はなんと!
もうすぐ80歳を迎える
ダニエル・バレンボイム氏

その姿たるや、
すっと真っすぐな立ち姿
指揮棒を振る姿もとても絵になる
紳士というイメージ。

楽団員がその指揮に全幅の信頼を置いて
演奏しているのがわかります。

そしてバレンボイム氏は
ピアニストでもあるのです。

その軽やかなピアノの音
指揮を振る時とはまた別の表情があり
演奏と共にやはり魅せられてしまいました。

こんなふうに私もお婆ちゃんになっても
音楽と一緒にいたいな!

改めてそう思いました。

やっぱり音楽が好き!
さぁ今日も楽しく歌っていきましょう!

Yukari

2022.10.24

Yeah~Woo~どう歌えばいいの?

こんにちは!
日曜日月曜日担当のYukariです。

そろそろ紅葉の季節。
秋の風が心地よいですね。

今日は歌唱テクニックのお話。

Yeah~~
WowWow~~
Woo~
Ha~~

歌詞ではなくイントロや間奏、
フレーズの歌い終わりに
出てくるアレです。

例えば
Misiasさんの「Everything」

イントロでう~~う~ふう~~
(どう書いたらいいかわからない!)

例えば
優里さんの「ドライフラワー」

きっと~きっと~きっと
い~ろあせる~~うう~

こういう部分です。

言葉じゃないと
どう歌ったらいいかわからない
と思ってしまいがちですが、

目を閉じて聞こえるまま
物真似してみましょう。

その時に歌詞の部分と同じように
しっかり声を出して
やってみてくださいね。

そのフレーズがあると
言葉にならない気持ちや
フレーズの余韻を表現できます。

やってみてくださいね!

Yukari

2022.10.23

歌い手聴き手

こんにちは
木曜日のMaimiです。

急に寒くなって体がびっ栗です←

最近甘栗にはまっていて、やっぱり市販のものより
屋台等で焼いているものは添加物が入っていないので
美味しいですね!

渋谷のスクランブル交差点に有名な甘栗屋さんがあるんですが、いきたいなーと考えています♪

何事も本家の味を知るって大事ですね。

歌もそう。

最近では歌ってみたが流行っているので
本当はどう歌っているかを知らない人が多いです。

うたってみたの良いところは、
歌い手の個性を楽しむところでもあります。

ですが、その個性が音程やリズム、
響きを不安定にさせてしまっては、
聴き手の
『この人のこの曲リピートしてでも聴きたい』
という衝動にはつながらないもの。

かと言い、味っ気のない歌になっては物足りない。

そこで私たちボイストレーナーの出番です。

正しい発声とテクニックを身に着けるということは

聴いてくださる方への心遣いです。

『人を感動させる歌を歌いたい』
そんな方は、ご指導を受けることを
指摘ととらえずにプロに修正を受けている
という気持ちになるとぐんぐん成長に繋がります。

ちょっぴり勇気がいりますが、
担当の先生のアドバイスを自ら求める
心持になってみましょうね(^_-)-☆

Maimi

2022.10.20

音感の鍵となるのはこれだった!

こんにちは。
火曜日のMaimiです。

 

今日は音感のお話。

 

突然ですが
皆さんはお歌を歌う時どんな練習をしていますか?

たくさん練習をしたけれど、実際歌ってみたら
早さも、keyも何だか全然違う。。。

そんなご経験はありませんか?

 

先日、舞台でご活躍されている生徒さんと
レッスンをしていた時のこと、

 

テンポはばっちりだけれど、
音程に自信がない、、、、
とのこと。

 

そう。そもそも

音程とは音幅のことで、各高さのkeyというものがあります

 

ではKeyとは?

Keyとは?
その音階のカギとなるベースの始まりの音を指し、

ドから始まるドレミファソラシドがあれば
Cのkeyという感じになります。

逆にDのkeyだと
レから始まるドレミファソラシド

レミファ#ソラシド#レ
という感じなります。

 

『?』や『難しそう』という
お声が上がりそうな内容ですが、

 

これには、とあるルールがあってそれを
知っていると少し簡単になります。

 

ネットでも発信されている内容ですので
かつあいしますが、

おそらくネット情報だけでは
何となくわかった気がする、、、

といった感じになると思います。

 

そしてこのkeyを知っていれば、
歌いたい曲を正しい音程で歌えるようになる近道に!!

 

気になった方や
今まで避けて通ってきたという方は
担当講師、または体験レッスンで
お気軽にラクシーにご相談くださいね~

Maimi

2022.10.18

車が空を飛ぶ時代でも自分の足で走りたい

こんにちは!日曜日、月曜日担当のYukariです。

メタバース、バーチャル、
仮想通貨、ボカロ、midjourny、、、

もうSF映画さながらの
未来が模索されている中で
ボカロ曲を人間が歌う時代。

私たちは何処に向かうのか?

と思いながら、、、。

それでもお腹がすいて
眠くなって、感情があって
体は何も進化していないなぁ。

ん!?声帯はどうなるんだ?
頭にチップ埋め込まれて
コミュニケーションに
言葉がいらなくなったら
声帯はしっぽみたいに
無くなるのか?

などと頭の中が
もはやSF映画のように混とんとしています。

それでも!
それでも!

自分の声で言葉で表現で
歌いたい、伝えたい
と思っています。

車が空を飛ぶ時代。
でも久しぶりに
ハーフマラソン大会にエントリーしました。

こんなに苦しいのに
自分の足で走りぬきたい!

便利になるのは嬉しいのに
自力を楽しんでいたことに
気づかされたり。

そう思いながら今日も走って歌って
デジタルピアノ弾いています。

何事もバランスですね!

さぁ今日も楽しく歌っていきましょう!

Yukari

ん!?声帯は衰えて

2022.10.17

力みの正体はこれだった

こんにちは。
手洗うがい木曜のMaimiです。

 

今日は歌う時の力みについてのお話。
ボイトレを経験されている方なら一度は先生からご指導を

受けたことがあるのではないでしょうか?

 

そもそもなぜ、人は歌う時に力んでしまうのか?

それは元々の生活習慣にも原因があるんです。

 

 

私がレッスンの仕事をして早7年。

いろんな生徒さんのいろんな力みに触れて参りました。

 

 

その中でも多いのが

『そもそも息が浅くて呼吸筋が使えていない』
ことが原因で力みを生じてしまう。

 

 

 

そう、普段息が浅い人は、

歌で使う呼吸筋を意識的に使うことで
『いっせいのーで!』と言わんばかりに力を入れてしまい

力んでしまうわけです。

 

 

火事場の馬鹿力という言葉があるように
いざといった時に想いもしなかった力を発揮できてしまう感覚に似ています。

 

それにしてもそんな火事場の馬鹿時からは
歌にとっては必要が無いのですが(^-^;

 

では、どうしたら改善されるのでしょうか?

 

リラックスを心がけよう!
とどなたの先生もおっしゃられますが、
本当のところは、

 

『意識的に歌う時に使う筋肉を使うようにして無意識でも使えるようになりましょう』

が正解です!

 

先生によってはストレッチや筋トレからレッスンを始められる方もいると思いますが

 

ラクシーには私も含め体育会系の先生が居ても皆
優しい先生ばかりなのでご安心くださいね(笑)

 

今日から始められる練習法としては、

 

『ドッグブレス』です。

 

 

ドッグブレスというのは犬のように

 

 

『はっはっはっは、、、』と

吸って吐いてを1セットとして

瞬発的に行うことによって呼吸筋を鍛えられるという発声練習です。

 

 

これだと音を出せないご自宅でもできますよ(^_-)-☆

 

正しいドックブレスはレッスンで
お伝えしています♪

お気軽に講師までご相談くださいね~

 

Maimi

2022.10.13
  • 無料体験レッスン
  • スタッフブログ
  • facebook