ラクシー ボーカル スクール

0120-587-539

  • 無料体験レッスン

スタッフBLOG.

のどへの気遣い

今日は良く聞かれる歌のための、のどに出来ることを書きたいと思います。

辛いもの、炭酸などの刺激物、お酒、過度な塩分などののどの水分バランスを崩すもの、過度な糖分、食べすぎなどの消化に負担がかかるもの、そういったものは習慣的に取り入れてしまうことで、歌うときに余分に喉に負荷をかけてしまいます。

オーディションや大会、健康の為にも、出来る限りでも改善することで喉の大きなケアに繋がります。

また、タバコにはのど周りの血管を収縮させる働きがあります。レッスンの生徒さんのなかにも、止めてみて歌声が変わった、その他で良くあるのは高い声が出るようになったという方もたくさんいらっしゃいます。

キー(主に高音)で悩んでる方、是非試してみてもいいかもしれません。

また、寝起きは血圧や体温が低いので、のどが温まるには時間がかかる。さきほど少し書いた食事も消化をしている間は、血液も体温も胃に集中しています。レコーディング前などここぞというときだけでも、早起きや食べすぎには気をつけてみることも、のどの気遣いに繋がります。

たくさん書きましたが、一番は楽しく歌うこと。無理なく出来ることだけでもしながら、いい状態で普段から練習に取り組んでみてはかいかがでしょうか。

より良いうた声を感じてみてください。

AKI

2018.11.28